耳鼻科でもらった薬(シングレア錠)の効果


10年ちかく鼻づまりが続いています。耳鼻科の診断ではアレルギー性鼻炎。鼻の粘膜が腫れて鼻呼吸がしづらくなり、日常生活のさまざまなところで支障が生じます。10年ほど前に耳鼻科に通院していました。複数種類の薬を処方してもらい飲み続けていましたが、なかなか治らず、鼻づまりが改善する効果もなかったため途中でやめました。

ある日、血液検査を受けたところ、LDLコレステロールと血圧が高めであったため、コレステロールを下げる薬と降圧剤をもらい飲んでみたところ、鼻がスーッととおっていきました。これらの薬を飲むと数時間ほど鼻づまりが改善することが多く、血圧の低い朝などはとくに鼻の通りがよくなりました。

コレステロールが基準値より下回ってきたところで、アレルギー性鼻炎を治療するために、再度耳鼻科に行きました。そこで出してもらった薬はシングレア錠。明るい灰黄色の薬でアレルギー性鼻炎や気管支嘆息に効く薬です。寝る前に一錠づつ14日分。現在2週間ほど続けていますが、残念ながらあまり変化はなく。血圧が低いときなどには、鼻づまりが改善することもありますが、少しストレスを感じたりすると悪化します。

シングレア錠シングレア錠の中身