新発見!これで慢性鼻づまりが改善した!


7年ほど続いていた慢性の鼻づまりを改善する方法が見つかりました。耳鼻科や内科で処方してもらっていた鼻炎の薬を長く飲み続けていましたが、なかなか良くなりませんでした。鼻づまりがひどくなると、日常生活においても息が苦しくなる場面が何度もあってけっこうな悩みの種でした。耳鼻科では鼻中隔も湾曲しているのでどうしても治したいのであれば手術をするようにと勧められましたが、手術中に息苦しくなる怖さとネットでみかけた手術シーンの画像を見て、断念。薬局でベルエムピやアネトンなどの薬を買って試してみましたが、血管収縮作用により一時的な改善は見られたものの数時間後にはもとにもどるという症状が続いていました。

たまたま内科で血液検査をする機会があり、検査したところ、中性脂肪とLDLコレステロールが高く、血圧が少し高いという結果が出てきました。血圧を下げるアムロジビン錠と高コレステロール血症治療剤 「リバロ錠」を処方してもらい、夕食後にリバロ錠を服用したところ、なんと血圧の低下とあわせて、鼻の通りがスーッとよくなりました。しばらく血圧手帳をつけてみると、朝は血圧が低く、夜は血圧が高めという結果に。そして鼻づまりが朝は改善していることが多く、夜にひどくなることが多いことから、血液ドロドロと鼻づまりとの間になにか関連性があるのではないかと思えてきました。

中性脂肪とLDLコレステロールを下げるために、まずは食生活を見直すことから始めました。炭水化物や糖質(ごはんや麺類、フルーツ、アイスクリームなど)の摂取量が多かったので、これらを減らし、かわりに野菜やキノコ、魚中心の食生活に変更しました。また家でできる運動やスポーツクラブ、ウオーキング、筋トレを増やしました。このように生活習慣を少しづつ変えていき、2週間ほど経過したところ、体重の減少と血圧の低下、鼻の通りが以前とくらべてよくなる時間が多くなりました。中性脂肪とLDLコレステロールを下げるための対策は、ダイエットにも効果があるのでおすすめです。

コレステロールや中性脂肪の改善によいとされる食べ物リスト

・魚(おもにサバやアジ、サンマ、イワシ) ・海藻(昆布やわかめ、ひじき、もずく) ・納豆 ・酢 ・きのこ(シイタケ、しめじ、えのきだけ、エリンギ) ・ネギ類 ・野菜(ホウレンソウ、ゴボウ、ダイコン、玉ねぎ、ブロッコリーなど) ・豆腐 ・こんにゃく

控えたほうが良い食材

・牛肉や豚肉の脂身 ・チーズ ・バター ・マーガリン ・生クリーム ・卵 ・アイスクリーム ・炭水化物を多く含む麺類やごはん、パン ・レバーや砂肝など内臓系 ・いくらやタラコ、筋子、からすみなどの魚卵系 ・チョコレートなどお菓子類

サンマや豆腐・シイタケ・納豆の写真